歯のコンプレックスは審美歯科で解消|第一印象を変える

歯科

ストレスのない治療

家族

治療におけるメリット

大阪の歯科医院で注目されている矯正治療として、インビザラインがあります。このインビザラインとは、歯にマウスピースを装着する矯正治療のことです。一日20時間以上装着することで、少しずつ歯を動かせるのです。大阪の歯医者には、1ヶ月から1ヶ月半に一度来院して、マウスピースを交換します。この治療の一番のメリットは、透明で目立たないことです。従来のワイヤー矯正では、ワイヤーが目立って治療に二の足を踏む方が多かったです。しかし、インビザラインは透明なので全く目立たず、他人の視線が気にならないです。その他にも、歯磨きや食事の際に自由に取り外せることも利点です。なので、食事、歯みがきの時は全くストレスがないです。それと、ワイヤーを使わない治療のため、口の粘膜への痛みもなく快適です。

治療の際に気をつけること

インビザラインは歯並びをストレスなく治せるので、大阪の歯科医院で人気です。しかし、確実に治療効果を得るには、気をつけるべきことが有ります。まず、マウスピースを必ず毎日20時間以上装着することです。稀に就寝する時だけ装着すれば良いと勘違いされる方がいます。きちんと時間を守らないと、大阪の歯科医院で当初計画していた治療期間が延びます。それとともに、マウスピースの再設計、追加製作が必要になり、追加の費用がかかります。その他に気をつけることは、マウスピースをつけたまま食事をしないことです。つけたまま食べてしまうと、マウスピースが壊れる場合があるからです。それと、水以外のお茶やコーヒーも装着したまま飲むことはできないです。